流星ハートビート(BLOG)

文芸サークル『流星ハートビート』のブログなのです。
<< 【流星ハートビート】第十六回文学フリマin大阪、終了しました! | main |
卒塔婆と忍殺と超会議2 -超文学フリマ、終了しました-
0
     ドーモ、ドクシャ=サン。珠洲鈴です。

     140文字に慣れると長文が、とは前回も言いましたが、中学生時代は毎日のようにブログを書いていたわけですし、(未だにネットの海にさまよっている模様)

     となると掌編ばっか書いて長編書けなくなるの? と言えばんなわけねーからですして。


     うまく書けない「超文学フリマの諸々」です。レポートというよりは日記に近いです。

     ウマい酒へ至る勝利?の道を辿りますか。

     できることなら当日入りするものではありません。
     前日22時、地元の電車に乗り込みバス発車地へ向かうりんすず。その日は昼からタイヤと絡むお仕事をしていた。

     半日動いていたのだから寝れると思うじゃん? 寝れないんですよ。
     よくよく考えると大阪での移動もそうでしたが。揺れの問題でしょうか。どっちとも前から2列目でしたね。タイヤの直上は揺れパないですよね。


     当日。
     幕張――


    ではなく降り立ったのは浦安。
     ネズミタノシイランドナンデ……。


     夜行バスで幕張最寄りの場所が某国だったので。
     一人明らかにその場所に関係のない男がいた模様。

     ランド構内を巡回するモノレールに乗り、ネオマイハマ駅へ。ネオです。


     あ、こいつ超会議行くんだな、と思われる学生諸氏に紛れて今度こそ幕張へ。
     開場2時間くらい前にも関わらず人多かったです。や、イベントとはそういうものか。

     この時点で「帰りは……あっ(察し)」とならなかった珠洲鈴の命運を呪いつつ、メッセへ。


     実は9時からじゃないと関係者(というかイベント出店者)も入れなかったと思い込んでいましたが、別に難なく8時過ぎに入場。文フリと同様だと思ってましたが、まぁ併催イベントだったからね。

     文フリスペースにもちらほら人が。少ないけど。
     通りすがったスタッフさんが「やっぱり文フリの人は来るの遅いね」みたいなこと言ってたからね、仕方ないね。だいたいの人が1時間前開場だと思い込みしているのですよ。僕ですか? 時間も潰せなかったのでそのまま来たんですねっはい。


     

     余裕で準備完了!
     開場30分前にはできてた。


     今回はタイトルや値段のわかりやすいPOPを用いることで情報のわかりやすさを追求。(Pixivにあったテンプレ使わせてもらいました)
     あといつものポスターはサイズ違いで大きすぎたのでふっつーにA4写真用紙で代用。
     なんか物騒なもの(もしかして:卒塔婆)が生えてますが……。


     これが文フリ界隈で賑わっている(?)卒塔婆ですよ。
     ぷろりゅーさー、卒塔婆ですよ、卒塔婆!

     この卒塔婆が置いてある謎のサークルを回ってスタンプを集めるとしおりがもらえるんですよ!
     自分も後から参加させてもらいまして。スタンプぽちぽちしてました。スタンプというより判子。鈴。


     10時、遂に開場!
     正直言うと、すごかったね、人の規模。
     文学フリマでは考えられない人の波が文フリスペースのあるホールに雪崩れこんでくるんですよ!圧倒的だな、我が軍――……?


     誰が言っただろう、超アウェーフリマと。
     イベントの性質上、やはりいの一番に盛り上がるのはどうやらボカロなどのニコニコの催し物のようで、開始30分くらいは暇ってレベルじゃないアウェーぶり。これは誰も悪くないのだ。
     ホールの手前に文フリがあり、その奥にニコつくやボーマス(かな?)があった上、誕生日席(多分)だったのもあり、人は通るのですが通り過ぎ……。って感じでした。
     後ろを見ると超混雑してて驚くばかり。ニコつくとか行列できてましたしね……。コワイ!


     下手すると大阪の時よりも……なんてビビりもしましたが、文フリは午後からか勝負と言われるように、そんな杞憂は払拭されました。
     10時40分くらい。ブンガクスレイヤーが1部売れる!やったぜ。

     その後もゆっくりとではありましたがブンガクスレイヤーが1冊、1冊と売れていきます。物理オビの効果あったですかね!


     RTで流れてきた本、と言う人もいれば「タイトル負けした」と買う人、スペース来て即買いの人も多々。ニンジャ人気ナンデ……?

     売れて嬉しいやら、肝心の流星物質が動かなくて悲しいやら。


     そうこう言ってる内に流星物質3も出ましたよ! 何故か流星物質2の後にね!

     そうそう、超文学フリマならではなのかも知れないのですが、やはり年齢層が低かったのが特徴でしょうね。
     実際、小学生とおぼしき女子が流星物質をまとめ買いしてくれました。2人も。
     表紙買いは存在する。

     かわいいは男女関係なく通じますね。
     普段の文フリならばめったに出会えない年齢層ですから、これは貴重。この呟きに釣られたKENGOは自重してほしいと思う。


     途中で風花さんが来てくれました!
     ぼっちでしたからうふふ。

     
     後から安房くんのいる明日から休講です。に寄ってアナロ熊に出会――中の人兎月先生ナンデ!? ということでいつものようにサインをもらったり。変態Tがラジオ掲載フラグ立ってしまったり。

     卒塔婆を担いで走る白塗りの男やナースさんに出会ったり。


     なんだかんだで大阪や普段よりは大きく動いてたのでよかったですよ。普段とユーザー層違うのは大いに勉強になりました。


     結果、
     流星物質1 6部
     流星物質2 9部
     流星物質3 11部
     ブンガクスレイヤー 30部

     となりました! 56部!!
     ブンガクスレイヤーは自分の手持ち分が途中で尽きて合同の鈴木=サンにもらったり。いわゆる完売です。

     見てわかる通り、ブンガクスレイヤー伸びすぎィ!
     流星物質3、できれば20部くらい伸びて欲しかったのですが……。

     ここで以外にも2が9部というのが気になるところ。
     これについては別のエントリーでも立てて言及しましょう。

     と、ここでお詫びというか言い訳というか。
     今「原宿のピエロが賞味期限切れのお菓子を配っている」という件について。
     アババババ。自分も本を買ってくれた人に飴を配っていたワケですよ……。特に、本当に悪意なく。
     これに関し、もし不快な思いをされた方がいらっしゃると思います。申し訳ございません。

     賞味期限切れてないとか、無自覚な悪意だから――とかではなく、その辺の機微を考えられなかったのはまずかったかなと反省しております。飴自体はメッセ近くのコンビニで買ったものですので、ハイ。

     特に気にしていなかったのですが、飴を遠慮した人はそういうのを気にされたわけなんですよね。遠慮ではなく、回避というか。
     実際Twitterでもちょっと釘刺された感ありますので、次回はやんない方がいいんですかね。




     閉場後は卒塔婆勢(!?)の打ち上げにおじゃましました。
     うまい酒だった!

     色々と面白いお話も聞けましたし、大変有意義でした。
     しかしちょっと捲し立てすぎたきらいがあります。特にニコニコと初音ミクの話題については。ケジメ!

     あとちょっと変態発言多すぎたんじゃないですかねぇ……。マジすまんです。
     純情ハートビート!がひたすらセクハラな本だー、とか色々。


     ともかく!
     流星物質、ブンガクスレイヤーを手にとってくださった皆さん、ありがとうございました!
     感想はツイートでもメールでも構いませんのでぜひお寄せください。

     流星物質4、文殺2企画既に始まっています。
     もっと面白いものを、素敵な企画をお届けします。

    トラバ:
    http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20130428
    | 珠洲鈴涼理 | 文学フリマ | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.novel-heartbeat.com/trackback/7
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE